ひと、くらし、みらいのために 厚生労働省

MENU

  • TOP
  • まず知ろう!「ひきこもりNOW」!

文字サイズ

標準
特大

まず知ろう!「ひきこもりNOW」

ひきこもりとは

様々な要因の結果として、就学や就労、交遊などの社会的参加を避けて、原則的には6ヶ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態のこと。(他者と交わらない形での外出をしている場合も含む。)

~「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」より~
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000147789.pdf

厚生労働大臣からのメッセージ (令和元年6月26日 根本匠厚生労働大臣(当時))

川崎市や東京都練馬区の事件など、たいへん痛ましい事件が続いています。改めて、これらの事件において尊い生命を落とされた方とそのご家族に対し、心よりお悔やみを申し上げるとともに、被害にあわれた方の一日も早いご回復を願っています。

これらの事件の発生後、ひきこもりの状態にあるご本人やそのご家族から、国、自治体そして支援団体に不安の声が多く寄せられています。これまでも繰り返し申し上げていますが、安易に事件と「ひきこもり」の問題を結びつけることは、厳に慎むべきであると考えます。

ひきこもりの状態にある方やそのご家族は、それぞれ異なる経緯や事情を抱えています。生きづらさと孤立の中で日々葛藤していることに思いを寄せながら、時間をかけて寄り添う支援が必要です。

誰にとっても、安心して過ごせる場所や、自らの役割を感じられる機会があることが、生きていくための基盤になります。ひきこもりの状態にある方やそのご家族にとっても、そうした場所や機会を得て、積み重なることが、社会とのつながりを回復する道になります。

また、ひきこもりの状態にある方を含む、生きづらさを抱えている方々をしっかりと受け止める社会をつくっていかなければならないという決意を新たにしました。まずは、より相談しやすい体制を整備するとともに、安心して過ごせる場所や自らの役割を感じられる機会をつくるために、ひきこもりの状態にある方やそのご家族の声も聞きながら施策を進めていきます。そして、より質の高い支援ができる人材も増やしていきます。

ひきこもりの状態にある方やそのご家族は、悩みや苦しみを抱え込む前に、生活困窮者支援の相談窓口やひきこもり地域支援センター、また、ひきこもり状態にある方が集う団体や家族会の扉をぜひ叩いて下さい。

国民の皆様におかれましては、あらゆる方々が孤立することなく、役割をもちながら、ともに暮らすことができる、真に力強い「地域共生社会」の実現に向けて、ご理解とご協力をお願いいたします。

―内閣府「若者の生活に関する調査報告書」(2016)より―ひきこもり状態にある方のすがた

15~39歳

推計数541千人

年齢

同居家族

ひきこもり状態になった年齢

20歳以上の割合が約6

ひきこもり状態になってからの期間

7年以上が34.7

ひきこもり状態になったきっかけ

  • 不登校
  • 職場になじめなかった
  • 就職活動がうまくいかなかった
  • ⼈間関係がうまくいかなかった
  • 病気
  • 受験に失敗した
  • ⼤学になじめなかった

関係機関に相談した経験

不安なこと

※横にスワイプするとグラフがすべてご覧いただけます

出典:内閣府「若者の⽣活に関する調査報告書」(2016)の「広義のひきこもり群」のデータを抜粋
https://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/hikikomori/h27/pdf-index.html

―内閣府「生活状況に関する調査報告書」(2019)より―ひきこもり状態にある方のすがた

40~64歳

推計数613千人

年齢

同居家族

初めてひきこもり状態になった年齢

40歳以上の割合が約6

ひきこもり状態になってからの期間

7年以上が46.7

ひきこもり状態になったきっかけ

  • 退職したこと
  • ⼈間関係がうまくいかなかったこと
  • 病気
  • 職場になじめなかったこと
  • 就職活動がうまくいかなかったこと
  • 学生時の不登校

関係機関に相談した経験

不安なこと

※横にスワイプするとグラフがすべてご覧いただけます

出典:内閣府「生活状況に関する調査報告書」(2019)の「広義のひきこもり群」のデータを抜粋
https://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/life/h30/pdf-index.html

厚生労働省の取り組み

ひきこもり支援推進事業とは

1ひきこもり地域支援センター設置運営事業

ひきこもりに特化した専門的な相談窓口としての機能をもつ「ひきこもり地域支援センター」を設置し運営する事業です。令和3年4月現在で、全都道府県・指定都市の67カ所に設置されています。ひきこもり地域支援センターを探したい方はこちらをご覧ください。

2ひきこもりサポート事業

そのほか、より身近な市町村において、ひきこもり状態にある方の状況に応じた社会参加に向けた支援を図るため、支援に関する相談窓口の周知や実態把握、ひきこもり状態にある方やその家族が安心して過ごせる居場所づくり、ひきこもりサポーターの派遣等を行っています。

参考:ひきこもり支援推進事業は、厚生労働省、都道府県、市区町村が連携して取り組んでいます。
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ページトップへ戻る